AO入試対策

国際教養学部

国際教養学部のAO 対策

志望理由書に何を書くべきか

 

国際教養学部(SILS)のAO入試では、志望理由書を英語で書かなければなりません。

志望理由書には何を書けばよいのでしょうか?

入学試験要項には次のように記載されています。

 

Please compose and write an English essay by yourself in accordance with the following instructions. Using your own personal experience as a foundation, write an essay in English of around 600 words explaining why you wish to enter the School of International Liberal Studies (SILS).

You should cover:

1) what you are particularly interested in studying at SILS

2) your plans or dreams for your life and career after graduating from SILS

 

SILSの志望理由書は、①自分の経験を土台として②SILSで特に何を学びたいか③卒業後の展望及び将来の夢をどう描いているのか、の3点を盛り込む必要があります。わかりやすく言うと、あなたの「過去」「現在」「未来」をストーリーにして考えるということです。

 

SILS志望者は、何らかの海外経験を持っている人が大半だろうと思います。したがって、海外経験があること自体は、SILSにおいては特別に有利な条件にはならないでしょう。あくまでも海外経験から「何を学んだのか」が重要であり、それが「SILSで学びたいこと」につながっていることがポイントになります。

 

「学びたいこと」を書く上で、国際教養学部という名称について少し考えてみましょう。SILSのカリキュラムを見ると、多種多様な学問が7つのクラスター(科目群)ごとに並んでいます。特定の分野だけに偏らない、多面的・重層的な思考力及び分析力を鍛えるためのリベラル・アーツ(教養)を修得させる工夫がなされています。

 

ここで注意してもらいたいのは、自分の「テーマ」を持つということです。法学部や経済学部のような伝統的な学部であれば、法学や経済学という学問に固有の「方法」がありますが、リベラル・アーツにはこうした固有の「方法」がないのです。だからテーマ選びが非常に大切です。次回はこのテーマ選びについてお話します。

志望理由書について(2)

 

志望理由書で最も重要なのは、「何を学びたいのか」を明確にすることです。

 

たいていの志願者は、これまでの活動実績や海外経験、そして語学力が自分の武器であると考えていると思います。ところが、長い間大学の先生たちと付き合ってきた経験からすると、受験生が「これまで何をしてきたか」よりも「これから何をしたいのか」に先生たちの興味があるということです。

 

国際教養学部(SILS)においてもそれは同じで、「あなたはこれから何をしたいのか」、つまり「あなたが追求したいテーマとは何か」を先生たちは知りたいのです。さらに言えば、このテーマ選びに、広い意味での学力(偏差値は狭い意味での学力です)が反映されてしまいます。

 

リベラル・アーツ(教養)と言えば、「物知り」をイメージする人が多いようです。確かに教養のある人は博学ですから。けれどもSILSが求めているのは、知識の量ではなく「質」や「深さ」です。

 

ではテーマの「質」とは何でしょうか。例えば、「貧困」は決して経済だけの問題ではありません。国や地域によっては、民族・歴史・文化にまたがる複合的な要因が絡んできます。「女性の貧困」であればジェンダーの視点も必要です。貧困の解決には、こうした多角的な視野が必要であり、SILSの7つのクラスター(科目群)は、そうした複合的な視点を与えてくれる特徴的なカリキュラムなのです。あなたの「学びたいテーマ」がこの7つのクラスターにどれだけ当てはまるのかをまず考えてみましょう。

 

最後に、「学びたいテーマ」は、あなたの過去の経験とどれだけ結びつくものでしょうか。他人事ではない、「自分事」になっていること、それが「深さ」になるのです。志望理由書が全体として一貫性があるように感じられるかどうかは、ここがポイントになるでしょう。

特別講座案内

CTA image
グローバル入試対策講座

政治経済学部のグローバル入試に必要な知識と合格に必要な技術を全8回の講義で習得。政治経済学の基本から貧困、難民問題、トランプ現象ほか、充実したコンテンツ。

詳細はこちら
©2018 早稲田受験.com All Rights Reserved.