一般入試対策

スポーツ科学部

英語

 これまで出題されてきた文法・語法の正誤問題がなくなり、読解問題の比重が大きくなっている。読解問題も段落ごとの内容を問う設問がなくなり、適語補充問題や文補充形式の設問が新たに加わった。英文の内容としては本学部らしくスポーツをテーマとしたものが圧倒的に多い。一般的な語彙だけではなく、過去問を利用しながら、スポーツの分野でよく使われる語彙をピックアップして覚えるようにすれば効果的であろう。文法・語法問題や会話文問題は基本的なレベルのものが大半なので、文法の分野別の学習をしっかりやり知識を定着させること。

国語

現代文は、他の大学のスポーツ科学系の問題に比べると難しめ。キーワード・キーセンテンスの説明を問うものが多い。問題演習で数多くの評論文を読み、総合的な読解力の向上と選択肢の吟味の仕方を勉強しよう。古文・漢文は標準レベル。基礎事項をどれだけしっかり勉強したかが問われる。文法・単語、漢文の句形などは完璧にし、問題演習で実戦的な実力をつけよう。現・古・漢ともに問題演習の際には、過去問だけでなくセンター試験の問題も有効なので、積極的に活用したい。

特別講座案内

CTA image
グローバル入試対策講座

政治経済学部のグローバル入試に必要な知識と合格に必要な技術を全8回の講義で習得。政治経済学の基本から貧困、難民問題、トランプ現象ほか、充実したコンテンツ。

詳細はこちら
©2018 早稲田受験.com All Rights Reserved.